タカギクラヴィアのピアノは,コンサートやレコーディングだけでなく,TV,映画などですでに4000回を越えるステージの実績を残しています。
11月17日(金)平 麻美子  “into bliss” Japan Tour 2017
taira.jpg

NYで活躍するボーカリスト平 麻美子とピアニスト野瀬栄進とのセッション!
平 麻美子  “into bliss” JAPAN TOUR 2017


●日時:2017年11月17日(金)
    開場/19:00 開演/19:30


●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分


●料金:
<前売り>3,500円  <当日>4,000円 全自由席

こちらのチケットは、すべて当日精算扱いとなります。
事前のお振込みやチケットの送付はございませんので、ご了承ください。

●チケットは 【SHOPPING】 から、ご購入いただけます。
 お問い合わせはタカギクラヴィアまで tel.03-3770-9611



----------------------------------------------------------------
平 麻美子 (たいらまみこ) http://mmkmmk.com/
----------------------------------------------------------------
東京都出身、ニューヨーク在住。フィラデルフィアのテンプル大学にてジャズを専攻、在学時代からプロとして活動を始める。卒業後は、NYに活動の拠点を移し、NYの老舗ジャズクラブBlue Noteなどにも出演。2002年度のJazzConnect・Vocal Competion部門にて3位入賞。翌年には、ジェームス・マクブライド(「母の色は水の色」著者、作曲家、サキソフォニスト)のグループの一員として全米ツアーに参加。マクブライドに「ミュージシャンが心から一緒に演奏したいと思うシンガー、そして、観客は心からその歌に感動してしまう、そういう歌い手」と言わせる程、平麻美子の柔らかで包み込むような声と音楽に対する自然なアプローチは、聴く側だけでなくNYのプロ演奏家達までをも魅了している。
2012年にリリースされたアルバム『and it begins』は音楽誌など各方面から高い評価を得ており、また同年Jazz Pageエディターが選ぶCDベストアルバム選のボーカルアルバムの10枚の中にも選ばれている。2015年6月にダイキムジカのD-neoからリリースされた『Heart’s Calling』は、平の日本での活動の要である古谷淳(ピアノ)、安ヵ川大樹(ベース)、柴田亮(ドラム)を中心に、前作でも共演した広瀬未来(トランペット)、今回初共演の吉本章紘(サックス、フルート)と上杉優(トロンボーン)を加え、デュオからセプテットまで様々な編成で録音。2016年1月に、兼ねてより要望のあった『and it begins』のMP3バージョンをリリース。iTunesやAmazonなどのオンラインショップでの購入が可能になった。
2016年春に熊本を襲った地震を受けて、大江千里が作詞、作曲した楽曲「KUMAMOTO」ではボーカルを務める。この楽曲はインターネットを介して配信され、追ってニッポン放送など希望に応じる形でラジオ曲でオンエア。後に大江の「Answer July」日本盤に特別収録された。
2016年9月には大江千里&Friendsの一員として第15回東京ジャズにベースのジム・ロバートソンと共に参加、11月には自己とグループ率い、東京、秋田、盛岡、仙台、甲府、横浜、金沢、大阪、神戸の9箇所、14本のライブ、そしてJazz Vocal 101ワークショップは東京と甲府の二カ所で開催。

2017/09/13(Wed) 19:09:30 update
« Back |  NEWS TOP  | Next »