タカギクラヴィアのピアノは,コンサートやレコーディングだけでなく,TV,映画などですでに4000回を越えるステージの実績を残しています。
7月19日(金) 第5回ショパン・レクチャーコンサート
3066.jpg

★こちらの公演は、完売となりました★



2018年よりショパン国際ピアノコンクールにピリオド楽器部門が開設されるなど、ここ数年、楽曲本来の表現を重視する風潮が高まってきました。その曲が書かれた時代の楽器で演奏することによって、作曲家の意図した解釈に近づくことができ、より深い理解に繋がることは明白です。著書「今のピアノでショパンは弾けない」を実践するこのシリーズは全5回、ショパン研究家である小坂裕子さんの解説を交えてのレクチャーコンサートです。1843年といえば、まだショパンが33歳で存命していた時代。1843年製のプレイエルで綴るオリジナルのショパンの本質に迫りながらも、当時のサロンさながらの密接な空間をお楽しみいただきます。昨年11月にスタートしたこのシリーズも、いよいよ最終回となりました。
お席に限りがございますので、ぜひお早めにお申し込みください。



1843年製プレイエルでのショパン・レクチャーコンサート
第5回 「幻想」を歌うショパン

●日時:2019年7月19日(金)
    開場/18:30 開演/19:00

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●出演
江口 玲(ピアニスト)  
小坂裕子(ショパン研究家)

●プログラム
舟歌 嬰へ短調 Op.60
ソナタ第3番 ロ短調 Op.58
幻想曲 へ短調 Op.49
子守歌 変二長調 Op.57
幻想ポロネーズ 変イ長調 Op.61
(曲目は変更になる可能性がございます)

●料金:全自由席
5,000円 1ドリンク付き
こちらのチケットは、すべて当日精算扱いとなります。
事前のお振込みやチケットの送付はございませんので、ご了承ください。

●チケットは完売いたしました。
 お問い合わせはタカギクラヴィアまで tel.03-3770-9611



2019/05/22(Wed) 11:25:51 update
« Back |  NEWS TOP  | Next »