タカギクラヴィアのピアノは,コンサートやレコーディングだけでなく,TV,映画などですでに4000回を越えるステージの実績を残しています。
2019年1月18日(金)第2回ショパン・レクチャーコンサート
3066.jpg
タカギクラヴィア所有 ショパン国際ピリオド楽器コンクール認定楽器

2018年よりショパン国際ピアノコンクールにピリオド楽器部門が開設されるなど、ここ数年、楽曲本来の表現を重視する風潮が高まってきました。その曲が書かれた時代の楽器で演奏することによって、作曲家の意図した解釈に近づくことができ、より深い理解に繋がることは明白です。著書「今のピアノでショパンは弾けない」を実践するこのシリーズは全5回、ショパン研究家である小坂裕子さんの解説を交えてのレクチャーコンサートです。1843年といえば、まだショパンが33歳で存命していた時代。1843年製のプレイエルで綴るオリジナルのショパンの本質に迫りながらも、当時のサロンさながらの密接な空間をお楽しみいただきます。


1843年製プレイエルでのショパン・レクチャーコンサート
第2回 亡命者ショパン 祖国愛を歌う

●日時:2019年1月18日(金)
    開場/18:30 開演/19:00

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●出演
中川賢一(ピアニスト)  小坂裕子(ショパン研究家)

●プログラム

アンダンテ・スピアナートと華麗なるポロネーズ 変ホ長調 Op.22
ポロネーズ第1番、第5番、第6番<英雄>
マズルカ第5番〜第9番、23番  他



●料金:全自由席
5,000円 1ドリンク付き

こちらのチケットは、すべて当日精算扱いとなります。
事前のお振込みやチケットの送付はございませんので、ご了承ください。

●チケットは 【SHOPPING】 から、ご購入いただけます。
 お問い合わせはタカギクラヴィアまで tel.03-3770-9611

--------------------------------------------------------------------------
中川賢一   Kem'ichi Nakagawa
http://www.nakagawakenichi.jp/
--------------------------------------------------------------------------


桐朋学園大学音楽学部でピアノを専攻し、同時に指揮も学ぶ。卒業後渡欧し、ベルギーのアントワープ王立音楽院ピアノ科最高課程、特別課程をそれぞれ優秀、首席の成績を収め修了。在学中にフォルテピアノ、チェンバロも習得。1997年オランダのガウデアムス国際現代音楽コンクール第3位。ベルギー、パリ、英国、オランダ、カナダ、ベネズエラ、メキシコ、韓国など世界各地の音楽祭に出演する他、ドイツ、フランス、スイス、スペイン、ポルトガル、ハンガリー、オランダ、米国、中国、ニューカレドニア、エストニアなど世界各地で演奏活動を行う。
1998年帰国後はソロ、室内楽、指揮で活動。新作初演も多い。NHK-FM「ベストオブクラシック」「名曲リサイタル」「現代の音楽」「クラシック倶楽部」などに出演し、様々なオーケストラとも協演している。サントリーサマーフェスティバル、東京の夏音楽祭、武生国際音楽祭などの音楽祭に度々参加。スヴェトリン・ルセフ(vn)、シュテファン・フッソング(acc)、イェルン・ベルワルツ(tp)、マヌエル・ブランコ(tp)、ファブリス・ミリシェー(tb)、バーバラ・ハンニガン(sop)、サラ・マリア・ズン(sop)等と共演。
現代曲の分野では、メシアンピアノ曲全曲演奏、ジョン・ケージ「ソナタとインターリュード」、フレデリック・ジェフスキー「不屈の民変奏曲」、リュック・フェラーリピアノ作品集演奏会、武満徹ピアノ曲全曲等数多くを演奏し、各方面から好評を博す。また、クラングフォルムウィーン、ムジークファブリーク、アンサンブルルシェルシュ、アルテルエゴなどを指揮、アルディッティカルテットやバーバラ・ハンニガン、アンサンブル・モデルンなど、現代を代表する演奏家と共演した。
指揮者としては、東京室内歌劇場においてフィリップ・グラスの「流刑地」、パウル・ヒンデミットの「往きと帰り」、マイケル・ナイマンの「妻を帽子と間違えた男」などの現代オペラを指揮。また、芥川也寸志作曲、オペラ「ヒロシマのオルフェ」では広島交響楽団と共演。そのほか東京フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー交響楽団とも共演する。
2002年から一般財団法人地域創造の登録アーティストとして国内各地でアウトリーチ、ワークショップやコンサートを行う。
2001年度宮城県芸術選奨新人賞受賞。
現在、アンサンブル・ノマドのピアニスト・指揮者。お茶の水女子大学、桐朋学園大学非常勤講師。

2018/11/24(Sat) 12:07:29 update
NEWS TOP  | Next »