タカギクラヴィアのピアノは,コンサートやレコーディングだけでなく,TV,映画などですでに4000回を越えるステージの実績を残しています。
3月22日(金)第3回ショパン・レクチャーコンサート
3066.jpg

タカギクラヴィア所有 ショパン国際ピリオド楽器コンクール認定楽器

2018年よりショパン国際ピアノコンクールにピリオド楽器部門が開設されるなど、ここ数年、楽曲本来の表現を重視する風潮が高まってきました。その曲が書かれた時代の楽器で演奏することによって、作曲家の意図した解釈に近づくことができ、より深い理解に繋がることは明白です。著書「今のピアノでショパンは弾けない」を実践するこのシリーズは全5回、ショパン研究家である小坂裕子さんの解説を交えてのレクチャーコンサートです。1843年といえば、まだショパンが33歳で存命していた時代。1843年製のプレイエルで綴るオリジナルのショパンの本質に迫りながらも、当時のサロンさながらの密接な空間をお楽しみいただきます。
1843年製プレイエルでのショパン・レクチャーコンサート
第2回 ショパンの音響

●日時:2019年3月22日(金)
    開場/18:30 開演/19:00

●会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分

●出演
伊賀あゆみ&山口雅敏(ピアニスト)  小坂裕子(ショパン研究家)

●プログラム

ポーランド国歌(ショパン編曲)「ドンブロフスキのマズルカ」
華麗なる変奏曲 Op.12
練習曲 Op.10-3 「別れの曲」
練習曲 Op.10-12 「革命」
練習曲 Op.25-1 「エオリンハープ 」
前奏曲Op.24 より(4, 17, 20夜想曲 第16番 変ホ長調 Op.55-2
夜想曲 第17番 ロ長調Op.62-1
バラード 第4番 ヘ短調 Op.52
4手のための変奏曲 ニ長調
(曲目は変更になる可能性がございます)



●料金:全自由席
5,000円 1ドリンク付き

こちらのチケットは、すべて当日精算扱いとなります。
事前のお振込みやチケットの送付はございませんので、ご了承ください。

●チケットは 【SHOPPING】 から、ご購入いただけます。
 お問い合わせはタカギクラヴィアまで tel.03-3770-9611


--------------------------------------------------------------------------
伊賀あゆみ&山口雅敏 ピアノデュオ
公式Facebook
公式YouTube

--------------------------------------------------------------------------

超絶技巧を駆使した演奏と、複雑な手の交差、アクロバットな体の動きを用いた見た目にも楽しい連弾作品や、世界(日本)初演となる珍しい作品の発掘、山口の採譜によるV.ホロヴィッツの編曲を華麗にリメイクした作品などのオリジナル編曲を中心に演奏し、“進化系デュオ”と呼ばれる。これまでにグレインジャー音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン・エリアコンサート、紀尾井ホールや東京文化会館でのスルタノフ記念コンサートなどに出演。2017年にはモスクワのスクリャービン記念博物館大ホールでリサイタルを行う。ポーランドのクラコフで開催されたSofgato国際音楽祭にも出演し好評を博した。また、文化庁の芸術家派遣による学校コンサートも継続的に行っている。
「4Hands EVOLUTION 進化系ピアノ連弾」(VIRTUS CLASSICS)、「Homage to HOROWITZ on 4 Hands」(T&K Entertainment/レコード芸術誌準特選盤)、「ショスタコーヴィッチ 交響曲第11番 1905年 連弾版(世界初録音)」(VIRTUS CLASSICS/レコード芸術誌特選盤)の3枚のCDをリリース。音楽誌や書籍の執筆、「PIANO STYLEプレミアム・セレクション」(リットーミュージック)の付属CDの演奏も担当している。ミュージック映像をYouTubeに公開し、視覚的にも楽しめる新しい連弾の世界を提唱している。


2019/01/17(Thu) 19:14:49 update
NEWS TOP  | Next »