タカギクラヴィアのピアノは,コンサートやレコーディングだけでなく,TV,映画などですでに4000回を越えるステージの実績を残しています。
11/5(木) タカヒロ・ホシノ ピアノリサイタル ライブ配信
hoshino_s.jpg


1989年11月5日に永眠したホロヴィッツを名器《CD75》と共に偲ぶ
ヴラディミール・ホロヴィッツ メモリアルコンサート

20世紀最後の巨匠ホロヴィッツ。
没後四半世紀を経ても、彼の人気は衰えることなく、常にカリスマ的存在であり続けています。生涯数台のスタインウェイしか弾かなかったホロヴィッツが、最も愛奏した名器《CD75》。1983年6月、初来日のNHKホールにも運ばれ、衝撃のコンサートとなりましたが、今も「ホロヴィッツ・コンディション」を保っている楽器は、この1台だけしか存在しません。
現代のピアノとは全く異なる圧倒的なパワーと色彩豊かな音色を持ち、まさにクラシック黄金時代の頂点を極めた巨匠たちのピアノです。
命日である11月5日、ホロヴィッツが得意とした名曲を、タカヒロ・ホシノの演奏でお楽しみください。


●日時:2020年11月5日(木)配信開始19:00〜


●料金:2,000円 


こちらのチケットは、すべてイープラス扱いとなります。
●チケットは《タカヒロ・ホシノ ピアノリサイタル》から、ご購入いただけます。


お問い合わせはタカギクラヴィアまで tel.03-3770-9611  
 


【プログラム】
スカルラッティ:3つのソナタ
モーツァルト:ソナタ 作品330 ハ長調
シューベルト:即興曲 作品90の3 変ト長調
シューベルト=リスト:ワルツ・カプリス第6番「ウィーンの夜会からの招待」
シューベルト=リスト:セレナーデ
リスト:コンソレーション 第3番
ショパン:3つのマズルカ
ショパン:スケルツォ 第2番
ベートーヴェン:ソナタ「熱情」作品57 ヘ短調

※曲目は変更になる可能性がございます。



【プロフィール】
桐朋学園大学を経てハンガリー政府給費留学生として、ハンガリー国立リスト音楽院に留学。 国内のコンクール、国際コンクールにて多数優勝、上位入賞を果たす。
ヨーロッパ各地の国際音楽祭に招かれ国内外のオーケストラと共演多数。
T&Kクラシックス(タカギクラヴィアグループ)に専属アーティストとして移籍。近年はタカギクラヴィアの協力を得て、『ホロヴィッツの恋したピアノ』ヴィンテージNYスタインウェイ CD75との距離を縮めている。
上野学園大学音楽学部准教授、桐朋学園大学音楽学部にて指導にあたる他、札幌コンセルヴァトワール客員講師、FIERT?並びにFIERT? Piano Academy代表を務める。
又、ドイツ ハレで開催されているEuro Music Festival & Academy招聘教授。
これまでにCD『LISZT−SCHUBERT』(AUCD−6)、『熱情・クライスレリアーナ』(AUCD-18)、「LISZT I 〜内なる深淵との対峙〜」、NYS Classicsより「Passion」、「STORY」をリリース。レコード芸術誌で特選盤、音楽現代誌で推薦盤に選出されるなど高い評価を得ている。


タカヒロ・ホシノYouTube Live Channel
http:/www.youtube.com/hoshinopiano




2020/10/09(Fri) 18:22:17 update
« Back |  NEWS TOP  | Next »